シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

Language school / 授業のスピードが桁違いです

いや、桁は違わないかも(どっちだ)

 

でも相当スピードが上がった。

f:id:mamamamalife:20190126015050j:plain

何が上がったんだろう?

 

1)先生のSpeakingがめっちゃ速い。

今までの先生は、すごく聞きやすいようにゆっくり話してくれてたことに気付いた!いまの先生は、ネイティヴのスピードでそのまま話すから理解するまで時間がかかることがある。質問されてる意味が分からなくて「え?」って聞き返したら

 

「前の授業でこの内容やった?」

 

って質問だったとか。聞き返すまでもないじゃん!!でも、最初にベラベラベラって言われるとキョトンとしちゃうんだよね〜不思議〜。

 

2)答えを待たない。

基本はグループワークなんだけど、答えをみんなで考えながら解くから、そのグループはみんな同じ答えなんだよね。

だから、今までみたいに「この問題の答えは?」って聞かれてシーンってなることはあんまない。みんな「このグループ内では答え一緒だし」って思えるからかも。

 

そのせいか、誰かが答えるまで待つことは基本なし。「この問題は?分かる?誰も答えないの?じゃあアナタ、これの答えは?」ってすぐ当てに行っちゃう。

後、誰も答えなくても絶対に積極的に発言する人が数人いるから待つ必要がない。以前同じクラスだった奨学金ボーイも同じクラスなんだけど、彼は今のクラスになった途端に遅刻しなくなって、授業中の発言もめっちゃ増えた。やる気の差を出しすぎやで。

 

3)答えの見直しの時間は取らない。

「答えはコレ!じゃ、次のテーマに行くわよ」的な感じで、答え合わせした後に生徒が「なぜ自分がここを間違えたのか?」って考える時間は取らない。

どうしても自分が間違えてるって納得できない人は、その場で「いやこの答えはこっちじゃないの?」ってすぐ発言する。

ちなみに、前のクラスでは先生が「分かった?何か分からないことがある人いる?」って割と頻繁に聞いてた。

 

自分から意見を発しないと、理解してると見なして次に進んでるのかな?まぁ、「なんで〜?」ってダラダラ考えててもなぜ間違えたかが目の前に現れるわけではないから、すごく効率的か。

 

4)何に重点を置いてるかが明確

もちろんレベルの差があるから当然なんだけど、前の先生は「全体的にいろんな能力をちょっとずつ上げる」っていう感じだったのが、今の先生は

 

「とにかくここでやるのはSpeakingよ!みんな静かすぎる!」

 

ってSpeaking重視。私が最初の自己紹介のWritingで「リスニングが苦手」って書いたら、採点されて戻って来た用紙に「それは家でできるから大丈夫!」って書いてあったw

 

だから、どんなワークも基本はグループワーク。みんなで話しながら、納得いかないことは生徒同士で意見をぶつけながら解決してく。

 

文法について学びながら、Speakingの練習もできるっていう一石二鳥的な授業w

 

5)テスト時間が短い

今までの先生は大体45分〜1時間。終わってない人がいてもう少し時間欲しいって言われたら「じゃあ後5分?10分いる?そう、じゃあ10分ね」みたいな感じだった。

 

今の先生は「30分ね!」って言ったら30分。多少見直ししてる人がいても「終わった?みんな終わった?後少し?どれどれ?あ、もう終わってるわね」

めっちゃ催促する〜www

 

 

今回のクラス(High-Intermediate)はこんな内容です。

多分、学べることが多いのもあって、すごく授業時間が短く感じてるのもあるんだと思う。今まで1日かけて学んでたことを、半分で終わらせてるようなスピード感。1日があっという間に終わるんだよね〜。

 

でもグループワークで自由に喋ってるから、たまにテーマがHealty(健康)なのに話してる内容が「それぞれの国ではいくらで家を買えるか」とか「エアコンはいくらで買える?必要?」とかいう内容になってたりするw

ちなみに先生も話に加わって、カナダ人としての意見をくれるwww

 

今のクラスはめっちゃ面白い〜〜〜。

 

ところで、先週の金曜からずっと王子とポニョが日にちをずらしてインフルエンザ(らしきもの)にかかってたおかげで、丸々1週間と1日授業を休みました。

 

恐ろしい!!もう戻っても理解できないかもしれない!!

 

でもクラスメイトに聞いてみたら、月曜は先生が使ってるバスが来なくて授業キャンセル、木曜はフローズンレインで全学校休校だったんだって。おかげで私が休んだのは正味4日のみ。月曜から取り返せるように頑張らなくては。