シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

王子が「日本に帰りたい」って言った時は・・・

たまにね、王子が日本に帰りたがるんですよ。

 

「カナダは寂しい」

 

って。日本に帰ったら、私の父母と同居だし、妹親子も割と頻繁に(習い事や通院の関係で週1回は必ず)泊まりに来るし、兄一家も数ヶ月に1回は来るし、母のお姉さんの家にもたまに遊びに行くし(猫がいる)、それはもう賑やかなわけです。

 

でもカナダにいると、常に3人。ママと王子とポニョ。

 

寂しい!!

 

ってなると突然「ママ、僕寂しいよ・・・」って泣いたり、「ね〜ママ〜いつ日本に帰るの〜〜〜?」って甘えたり。そんな時の私の返答は

 

「王子がどうしても日本に帰りたいなら、ママは日本に帰ることを考えてもいいよ。でもね、日本に帰ったら日本の小学校に行ってもらうよ?

 

フランス語話せないよ。」

 

「えっ・・・ダメなの?」

 

「ダメじゃないけど、理解してもらえないから話す意味ないと思う。あとね、

 

英語も話せないよ。」

 

「えっ!!何語なの???」←

f:id:mamamamalife:20190519093015j:plain

「そりゃ日本語だよ。日本語オンリー。あ、そうそう。

 

スナックタイムないから。」

 

「そんな(絶望)!!お腹空いちゃうよ!!どうしたらいいの!?」

 

「我慢するかないね。しかもね、それなのに

 

ランチタイムは12:30だよ」

 

「僕、待てない!!(悲痛)」

 

「お腹空いたらランチ美味しく食べられるよ。あ、そうそう。給食は

 

残したらダメだから全部食べてね。」

 

「・・・全部なの?」

 

「全部だよ」

 

「残したらどうなるの?ママ怒る?」

 

「いやママは怒らないよ、学校にいないから。でも

 

食べ終わるまで食べ続けさせられるよ(今はの時代もそうかは分からないけど私の時代はそうだった)」

 

「僕食べられないよ・・・」

f:id:mamamamalife:20190519093331j:plain
 

「仕方ないよね〜日本の小学校はそういうところなんだもん。あ、そうだ大事なこと忘れてた。授業中に何か質問がある時や話したいことがある時は、手をあげて、

 

先生が「王子くん」って言うまで喋っちゃダメだよ」

 

「いつまで待つの?」

 

「先生があててくれるまでだよ。」

 

「手をあげたらあててくれるの?」

 

「あててくれるとは思うけど、絶対ではないかな〜。あ、

 

先生が質問した時以外に手をあげてもあててくれないかも。」

 

「僕、悲しい!!」

 

f:id:mamamamalife:20190519093347p:plain

「だって授業ってね、Studentはノートに先生が話した内容やブラックボードに書いたことを

 

一生懸命書き写す時間だから」

 

「書き写すってどうするの???」

 

「先生が言ったことや書いたことを、ノートにそのまま書くんだよ」

 

「どうして???」

 

「授業で勉強したことを覚えるためかな」

 

「書かないと覚えないの?」

 

「王子くん・・・日本の授業はね、1日でお勉強する、覚える量が

 

ものすごーーーーーーーーく多いんだよ。

 

1週間にmots(単語)5個のテストとか算数のテスト2枚とかのレベルじゃないんだよ。毎週日本語と算数とサイエンスと社会のテストがあるのに、

 

テストの問題数がカナダの倍以上なんだよ」

f:id:mamamamalife:20190518101907j:plain

「僕そんなに書けないよ・・・」

 

「ほんとだよね〜大変だよね〜。毎日お家でもお勉強しなきゃいけないしさー、さらに

 

毎日全部の授業のテキストとノートのセットを持ち歩くんだよ」

 

「どういうこと?」

 

「1日に4つ授業があったら、テキスト4〜8冊と、ノート4冊、連絡帳やプリント、ペンケースに、体育がある日はジムの服、をバックパックに入れて持ってくの」

 

「僕、倒れちゃう!!(半べそ)」

f:id:mamamamalife:20190519093438j:plain

「でも王子くん、日本に帰ったら日本の小学校に行って、同じことをしなくちゃいけないんだよ。」

 

「僕、カナダの小学校がいいな・・・日本に帰ってカナダの小学校に通いたい」

 

無茶言うな。

 

「じゃあ、今度日本に帰ったときに日本の小学校を体験してみようね。楽しめるようだったら、日本に帰ることを考えてみよう?」

 

「うん!分かった!!」

 

日本の小学校のシステムを詳細に説明することで、カナダにいたいって思わせる作戦w

 

まぁ、王子が素直なうちしか使えない作戦だし、実際行けば楽しめるかもしれないから、今後は違う方法を考えていかないとな〜とは思ってるんだけど・・・

 

王子の感情の変化が面白いので、いけるところまでこれで行こうと思います←