シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

ユニセフのスタッフが我が家に来ました

先日、ユニセフのスタッフという人が我が家に寄付のお願いに来ました。

f:id:mamamamalife:20190410060118j:plain

毎月定額を寄付することで、子供達に簡易食を送ることができる。

$15、$20、$25から選べて、3ヶ月だけ寄付してくれれば後日解約できる。

(3ヶ月経ったら「継続しますか?」って確認メールが来るらしい)

 

ユニセフのスタッフジャンパー(水色)を着て(胸元にロゴ入り)、IDカードを首から下げて(ネックはユニセフのロゴ入り)、ユニセフの紹介カタログを持って、タブレットを手にやって着た男性。

 

「簡単な登録だけでOK」って言うから、タブレットに住所とメールアドレス(普段使ってない、簡単に捨てられるヤツ)と電話番号(電話が繋がってない家電の番号)を登録して、最後にサイン(名字は怖いから名前だけ)。

 

そしたらそのあとに「今、支払い手続きが必要」って言うのね。

 

えー!そんなの嫌だよ!!と思って「クレジットカード持ってない」って言ったら

 

「小切手でもいい」

 

「小切手をもらうには銀行に行かなきゃいけない」

 

「じゃあ銀行のオンラインバンクは?」

 

あー、オンラインバンクから自分で振込の手続きすればいいなら安心かな、と思ってバンクアプリ(銀行のオンラインバンク)を開いたけど、

 

「どこの銀行?」

「口座を開設したのはどこの支店?」

 

とか聞くけど、どうすればいいかは教えてくれないの。教えてくれないって言うか、まごまごした挙句

 

「なんか数字ないか」って聞くわけ。

 

なんの数字?

 

え、どれ?何?この数字?(4桁の数字を言ってみたけど違うって言われた)

 

って見てたら、そのスタッフ

 

私の携帯を覗き込んでて!!

 

慌てて隠したよね!!残高とか分かるのに、覗き込むとかありえなくない!?どうやらそのページでアカウントNo.(口座番号)分かるらしくって、見られたかも・・・。

 

結局その時点で建物の玄関口(我が家の入り口ではなく階段降りたところ)で30分は話してたし、上からポニョの泣き声聞こえるし、王子が呼びに来たし、「もう終わりにしてくれないか。寝る時間だから戻らないといけない」って言ったら

 

「まだ手続きには時間がかかる(もっと話す必要がある)から、また電話する」

 

って言われて、「電話なんかされても困る。だったらテキスト送ってくれ」って携帯番号教えて終了。

 

よく考えたら折角電話が繋がってない家電登録したのに、携帯番号教えてどーするんだよ、私・・・。

 

って後から気付いたけど、その時はホント帰って欲しくて必死だったから(口座覗かれて怖かったし)、冷静に対処できなかったんだよね・・・。

 

エージェントさんに相談したら「詐欺ではないと思いますが、家まで来る人はマージンがもらえるから強引な人が多い」って教えてもらって、納得。

 

翌日、先生にも話したら「詐欺の可能性も捨てきれない。普通、口座番号聞いたり携帯を覗き込んだりなんてありえない!支店まで聞くのは怪しいから、すぐに銀行に電話したほうがいい」って言われて、即エージェントさんに相談したよ・・・。

 

先生曰く、この時期は確定申告のシーズンで、寄付の需要もあるからこういう勧誘が増えるんだって。詐欺も多いらしいよ。特にカナダ市民じゃなくて移民を狙ってるケースが多いから、

 

絶対にその場での寄付はしちゃいけない

 

って言われた。

 

勉強になります。

 

口座が無事だといいなー!!!(今の所無事)

 

ちなみに、後日エージェントさんが銀行に確認してくれたら「アカウントNo.が知られたなら、一旦口座をクローズしてもう1度新しく作らないといけない」んだって。

知られたかどうか定かではないので(どこまで覗かれてたか分からないから)、私は念のため口座を作り直すことにしました。

 

でも、安易に人前で大事なページを見てちゃいけないって教訓になったよ。後、すぐにエージェントさんと先生に話して良かった。

 

皆さんも気をつけてください。