シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

親子留学2年目以降の進路どうする?

当初の予定では「語学学校に2年かな」と思ってたんだけど。

 

やっぱり最低3年

 

できれば6年

 

王子とポニョにカナダで教育を受けさせたい!!

教育に関する考えやなんかは本題からかなりそれちゃうから省くけど、日本で受けさせたい教育を選ぶと1人あたり毎月15万円位かかっちゃう。ポニョが小さいうちは、送迎まで考えるとフルタイムでの勤務は厳しい。

となると、毎月30万円程度のインカムがあっても全てが教育費に消えるという状況。だったらカナダで生活した方が全然いい!3人の教育費で10万円いかない位だから、日本でなら稼げたはずの収入を差し引いてもメリットが大きいんだよね。

 

正直言うとホントはカナダでずっと教育受けさせたいけど、日本に帰国する必要があるって考える場合でも、最低3年いれば、大抵の私立中学校の帰国子女コースで受験することができる。

王子が私立中学に行ってくれれば、International schoolだと受けられない補助も受けられるし、学費が全然違う!でも私立中学の一般受験なんて恐ろしくて受けさせられないから、帰国子女コースで頑張ってもらいたいっていうヨコシマな考えw

 

しかしここで大事なのは意思ではなく

 

f:id:mamamamalife:20190210003315j:plain

 

です。

何は無くとも金!!

金さえあれば6年間語学学校に通い続けることだってできるのさ!!(実際は怪しまれてビザ降りなくなると思うけど)

 

しかし私の預貯金では2年が限界。2年語学学校に通えば、現地で仕事を見つけられる程度の語学力がついてるはずだと思っていたんだけど、よく考えたら

 

「仕事をできるビザ」

 

を取得しなきゃいけないわけで。ここモントリオールでフランス語話せない、仕事できるビザ持ってない人間を「ワークパーミット出す手間と金かけてでも欲しい」と思う企業なんてゼロに等しいわけですよ。

 

じゃあフランス語のコースに通って話せるようにする?って考えてみたものの、全く話せないフランス語を仕事できるレベルまで引き上げるとなると半年はかかるわけです。

今の英語レベルを放置してフランス語に注力しても、半年後にビザの発行までしてもらえる程度の語学力が二か国語分ついてますか?っていうと無理だと思う。

 

となると、仕事ができるビザを発行してもらえるコースの学校に通わないといけないんだけど、それはカレッジとかユニバーシティとか職業訓練校。その学費たるや・・・!!安いコースを選んでも

 

190〜203万円

 

かかるんだよ。今の語学学校の倍以上!

 

無理だ・・・!!!何もしないで金が私のところに歩いてきてくれることはないんだよ・・・!!

f:id:mamamamalife:20190210003412j:plain

 

ちょっと甘く「語学力が多少足りなくても、入学して頑張ればなんとかなるんじゃないか」とか思ってたんだけど、ちゃーんと入学時に

 

IELTS 6〜6.5以上

 

の成績を出さないと入学できないというワナ・・・!!

ちなみにどの位のレベルかというと

 

英検準1級〜1級あたり

 

だそうです。

いやもう、そんだけ英語力あったら日本で英語使って就職できるんじゃん?っていう。

 

そしてそこまで語学力を上げるためには、もう1年語学学校に通いながらIELTS対策をするしかない状況。語学学校に払うもう1年分の学費を次の学校に回せたらなぁ・・・。

あと半年で、学校の勉強とIELTSの対策と育児と王子のフランス語の勉強のサポート全部できるかなぁ?

 

まぁ・・・やらないで「やっとけば良かった」って思うより「やってみたけどダメだった」の方が納得いくので、まずは半年後までにどれだけ自分のレベルを上げられるかやるつもりでいるんだけど。

 

並行して「今後の進路を色んなケースで考えておかなきゃいけない」とも考えてるんです。お金が絡んでくると、路頭に迷ったりしかねないからね(そんなに?)

 

そんなわけで、各シミュレーションにかかる費用と滞在年数をチェックしてみました。※学費は2018年度のものです。

医療保険費用やVISA申請にかかる費用は含みません。

 

1)理想コース(6年以上滞在可能)

2019年11月(ビザが切れる月)までVanierの語学学校で英語を勉強

2019年11月〜12月 ビザ延長して語学学校で英語を勉強

2020年1月〜2021年4月 職業訓練校で勉強(1,800時間)

2021年5月〜10月 フランス語勉強してB2レベルまで上げる

2021年中 ケベック州の移民申請

(2022年7月まではワークパーミットが発行される)

※6年以上滞在するには、移民申請が許可されることが前提。

 

費用:3,200,000円

Vanierの学費:670,000円

職業訓練校の学費:2,030,000円

フランス語の学費:500,000円

 

メリット:

移民申請が通れば、医療保険が不要になる。

職業訓練校に入学した時点でバイトできるビザが下りる。

職業訓練校でインターンする場合、かなりの高確率で一時的でも就職先が見つかりやすい。

移民ビザをキープし続ければ、大学進学時のコストがめっちゃ安くなる。

 

デメリット:

あと8ヶ月でIELTS6〜6.5を目指さないといけない。

めっちゃ金がかかる!!2番目にかかる。

 

2)精神的負担が少ないコース(6年以上滞在可能)

2019年11月〜2020年8月 Vanierで英語&IELTS勉強

2020年9月〜2021年12月 職業訓練校(1,800時間)

2022年1月〜6月 フランス語勉強

2022年 移民申請

(2023年4月までワークパーミットが発行される)

※6年以上滞在するには、移民申請が許可されることが前提。

 

費用:3,850,000円

Vanierの学費:1,320,000円

職業訓練校の学費:2,030,000円

フランス語の学費:500,000円

 

メリット:

1)と同じ

あとはIELTS対策に時間をかけられる。

 

デメリット:

一番費用が高い!!

 

3)6年滞在だけを目標にするコース(6年滞在可能)

2019年11月(ビザが切れる月)までVanierの語学学校で英語を勉強

2019年11月〜2020年1月 ビザ延長して語学学校で英語&IELTS対策

2020年2月〜2022年6月 職業訓練校(1,200時間)

2022年7月〜2024年6月 ワークパーミット利用して仕事

 

費用:2,350,000円

Vanierの学費:670,000円

職業訓練校の学費:1,680,000円

 

メリット:

費用を抑えつつ、当初の目標(6年の教育)を達成できる。

もしかしたらビザも引き受けてくれる就職先が見つかるかもしれない・・・かもしれない。

 

デメリット:

あと8ヶ月でIELTS6〜6.5を目指さないといけない。

移民申請できない(申請基準の職業訓練校の授業1,800時間を満たしてない)から、医療費がかかる。

将来王子とポニョの大学進学時、留学しても日本で進学しても、かなりの費用がかかる。

 

4)精神的負担が少ないコース(6年滞在)

2019年11月〜2020年8月 Vanierで英語&IELTS勉強

2020年10月〜2022年12月 職業訓練校(1,200時間)

2023年1月〜2024年12月 ワークパーミット利用して仕事

 

費用:3,000,000円

Vanierの学費:1,320,000円

職業訓練校の学費:1,680,000円

 

メリット:

3)と同じ

IELTS対策に時間をかけられる。

 

デメリット:

3)と同じ

コスパがイマイチ。

 

5)3年滞在だけを目指すコース(3年滞在)

2019年11月(ビザが切れる月)までVanierで英語&IELTS勉強

2019年11月〜12月 ビザ延長して語学学校で英語&IELTS対策

2020年1月〜12月  職業訓練校(1,350時間)

2020年1月〜12月  ワークパーミット利用して仕事

 

費用:2,170,000円

Vanierの学費:670,000円

職業訓練校の学費:1,500,000円

 

メリット:

コストが一番低い

 

デメリット:

3年はホントは短いと思ってる←

IELTS対策の期間が短い

 

6)3〜6年滞在を目指すコース(4年滞在)

2019年11月〜2020年8月 Vanierで英語&IELTS勉強

2020年9月〜2021年8月 職業訓練校(1,350時間)

2021年9月〜2022年8月 ワークパーミット利用して仕事

 

費用:2,820,000円

Vanierの学費:1,320,000円

職業訓練校の学費:1,500,000円

 

メリット:

ホントは短いと思ってる3年よりは長い。

IELTS対策に時間が取れる

 

デメリット:

3)と同じ

コスパが一番悪い。だったらもう少し頑張って6年いた方がいいんじゃ?って思う。

 

以上です。

いや正直ね、300万円超えるとどう頑張ってもお金出せない。児童手当に手を出したって足りない。でも児童手当は大学資金でもあるから、カナダへの留学時に学費が抑えられる移民を目指さないと、児童手当に手をつけるのはリスクが高い。

 

将来絶対必要になるお金に手をつけて、でも大学の費用を抑えられるわけでもないコースに行く程、今、王子とポニョにカナダの教育を受けさせるメリットってなんだ?って頭を悩ませてるんだよね〜。

 

低年齢の子供の教育って結局親次第だから、すごい悩むー!!!

 

出費だけを考えた場合、一番コストを抑えられるのは「3年間語学学校に(コースを変えつつ)通い続ける」ってことだと思うけど、それだとSINナンバーがもらえないから働けない。

バイトでもいいから、少しでもいいから収入を得たいって考えたら選択肢としてはナシかな〜っていうのが、私の考え。

 

まだ毎年加入しなきゃいけない医療保険の費用とか計算してないから何とも言えないけど、コスパを考えると(1)(3)のどっちかかなぁ・・・どうにかして学費貯めるか分割できるかできないかなー・・・。