シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

病気って遠い話ではない。

ちょっとこのブログのテーマとは離れちゃうんだけど(そもそもテーマがあったのかも怪しいけどw)

 

私が以前働いていた会社の先輩(年は下なんだけど)が、去年、胆管ガンのステージ4の宣告を受けました。転移してしまって、手術では腫瘍を取り除けないっていうか、手をつけられなくて、開腹してすぐ閉じたっていう状態。

 

その先輩がすごいなぁ、と心から思うのは、そこから

「同じように、働き盛りで子供もいてガンになって、気持ちを分かち合えない孤独を抱えている人の力になりたい」

って活動を始めたところ。

 

nishiguchi.hatenablog.com

 

もちろん完全に他人のためだけじゃないとは思うし、そんなの人として当然だけど、自分だけじゃなくて他人にまで影響を与える、自分がもしいなくなったとしても他人を救えるシステムを作ったのがすごいんだよ!ホントに!今の会員数じゃなくて、この先、それこそ私たちが死んだ後でも、このシステムが一体どれだけの人を救うんだろうと思うと、感謝?っていうのも変だけど・・・ありがたいなって思う。

 

このシステムや先輩はテレビや新聞でも紹介されてるんだけど、それを見てるとホントにステージ4のガンだなんて信じられない(というか信じたくない)位。真剣なんだけど笑いを交えつつパワフルに話してる姿を見ると、いや、元気じゃんって。終わったら自分のダメ出しして反省してるしw

でもそう見えるように踏ん張ってるんだなって思うと、少しでも長く生きてほしいって応援したい(っていうか応援しかできない)。

 

私は先輩の活動を見て、

自分が病気になった場合の子供のことを真剣に考えるようになった。

私が死んでも子供や親が少しでも助かるようなお金や生活を考えるようになった。

親が病気になった場合のシミュレーションを本気で考えて兄妹で話し合うようなった。

病気だけじゃなくて困ってる人を助けたいなって、考えるだけじゃなくて動くようになった。

 

私や子供、親の人生まで「考える」っていうきっかけをくれた先輩に、ホントに感謝してるし、今が幸せであってほしいなって思う。

f:id:mamamamalife:20180326072306j:plain

というわけで、結局のところ、そんな先輩の活動を広めるというか、知らない人に知ってもらって、少しでも「そうなった時」に助けられる人が増えたらいいなってことで、紹介しました。

 

ちなみに、学校や企業での講演(ガンと働き方的な)もやってるそうなので、興味のある方はぜひお問い合わせください!!(私じゃなくて先輩に←そりゃそうだ)