シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

養育費をできるだけ長く払ってもらう方法

色々考えたんですけどね。弁護士さんが絡まなくなって初めての養育費の振込を

 

いきなり「忘れてた」って遅れまして。

 

まぁ、私も気付いてたけど金曜日だったから月曜まで待とうかなって思ってたら、土曜日に「振り込みました」って連絡来たから、まぁいいっちゃいいんだけど、

 

いずれ払わなくなる日が近いかもしれない

f:id:mamamamalife:20180105103218p:plain

って恐怖がドーン!!と襲ってきた。だっていきなりよ?それまで必ず振り込んでたくせに(何なら1~2日前倒しで振り込んでた)、弁護士さんいなくなった途端に「忘れてた」って、「え、確信犯なの?なんなの?」ってならない?

 

といういつもながら長い前置きの後に調べたら、割と銀行でいいサービスやってました。

 

自動定期振込サービス(銀行によって名称が違います)。

 

振込元の人が、振込先口座と金額とサイクルを登録すると、ずーっと登録したサイクルで自動で入金されるという素晴らしいサービスです。結婚してる間に知ってたら、勝手に登録したのに!←

 

ただ、銀行によってやってないところ、手数料が高いところ、期間が違うなどなどあるので、微妙に使いにくいな~って感じなんだけど。

とりあえず調べた中で、良さそうだった順にご紹介。

 

SMBC三井住友銀行

定額自動送金«きちんと振込»。

1)手数料:無料~648円

2)期間:2ヶ月~最長10年

 

何がいいって、この期間!私が調べた中では最長でした。10年も養育費が保証される(可能性が高い)なんてステキ。大体面倒くさがりの人は、数万円のためにわざわざ平日仕事休んでまで窓口に停止の手続きに行かない・・・かもしれない。

わざわざ行く可能性が高い人だから自動送金の手続きしてもらいたいっていう矛盾があるけどwでも、毎月振込の手続きしてもらうよりは続く可能性が高いんじゃないかな~って。

 

三菱東京UFJ

定額自動送金サービス

1)手数料:108円~708円

2)期間:最長5年

 

手数料も期間もさー、ちょっとねー。イマイチなんだけど何がいいって、我が家は現在元ダンナの給与振込先がUFJだから、UFJ間の取引にしておけば「残高がなくなって自動送金できない」って事がない。

 

ただ、支店が違うから最低でも振込手数料は378円かかる。恐らくケチな元ダンナだから、手間が省けて自分も嬉しいくせに「お前が自動送金にしたいって言ったんだから手数料はお前な」って言いそう。まぁ手数料で5年保証されるなら、いいんだけどさ・・・。

 

でも5年て絶妙に短いよね。養育費もらうには短いし、また銀行に手続き行くには「もう面倒だからいいかな」って思わってもおかしくない長さだし。10年もらってれば諦めもつくけど、5年じゃな~。

 

ちょっと、元ダンナに提案するかは考え中。でも、王子の卒園以降にどうせ養育費の金額変わって登録し直さないといけないから、まずは2019年3月までの自動送金サービスやってみませんか?って提案しようかな。1年以上も手間が省けるからね。

 

住信SBIネット銀行

定額自動振込サービス


こちらは、ネットバンクで一番良かったヤツ。

1)手数料:ランクに応じて月1~15回は無料

2)期間:期限なし(振込先登録時に終了日の入力があり)

 

養育費の振込しか使わなければ手数料は無料になるよね!ただ、これはこっちのメリットであって、手数料がかかるなら向こうは手数料を引いた金額を養育費として振り込めばいいだけだから・・・どっちが手数料を支払うかによって、ここがメリットになるかならないかって違うよね~。

 

以上が、自動振込サービスの良さそうなところでした!調べてみたら、色々相手にメリットのある払い方とかもありそうだから、養育費を長くもらうためにも、ちょっと頑張って調べたり交渉したりしてみようと思います!!