シングルマザー海を越え・・・た!!

シングルマザーになって一念発起、2人の息子と語学留学!

週2回の英語教育ってどう???

f:id:mamamamalife:20171113105341p:plain

実際に聞かれたから、興味ある人いるのかな?と思って記事にしてみようかな、と。

 

でも実際はどう?っていうか・・・

 

どうなりたいか次第かな。

 

としか答えようがないかなぁ。

 

以前、私立幼稚園の英語教育について触れた時も同じような事言ってた気がするけど。

 

 

「将来、英語を話せるようになってほしい」だったら、1回45分のレッスンを週2回でもいいんじゃないかなって思う(個人的な意見として)。

目標が先にあるから、まずは「耳に正しい発音を覚えさせる」と「英語への苦手意識や拒否感をなくす」を目的として、太く短くより、細く長くを目指しておいて、中学や高校に入ってから一気に留学やら何やらで叩き込む的な流れにするって考えれば、むしろ今の段階では叩き込まれ感がなくて子供は英語を好きになる可能性高いしね。

一般的に言われる「まずは母語を定着させてから」っていうのもクリアできるし。

それにそのほうが、コストがかからなくて済むと思う。

 

でも私に直接聞いてきたママさんは、ずっと先っていうより「早いうちに英語を話せるようにしたい」って感じだったから、そうなると話は違ってきて、45分×週2回を続けても目標達成するまでの時間がかかりすぎて、目標と手段が合わないんじゃないかな?って答えになる。

 

そもそも、45分を週2って事は週1時間半って事で、1ヶ月で6時間程度。

王子は9:00~17:30をKinderで過ごしてるから1日8時間半。

その子が1ヶ月かけて消化する時間を、王子は1日で超えるわけで。そうなると、王子は日常会話できるけど、その子はできないっていうのは、能力の問題じゃなくて、

環境的に仕方ないよね。

ってなる。

 

「週2回って意味あるのかな?4月から英語習わせてるんだけど、今、うちの子アルファベットを書く練習してるの」

 

いやいや、王子だってKinder入って1週間位はそんなもんだったよ。7ヶ月って事は、王子の7日目位でしょ?大泣きして離れたがらないわ、教室では先生に「English, Please」って言われるわって状態だったもん。むしろ大人しく書く練習してるだけでもスゴイよ。

 

 

おっと。ちょっと横道にそれちゃったけど。

結論、週2回の英語教育も、目標と合えば全然問題ないっていうか、むしろベストな選択だと思います。

 

 

ちなみに「英語を早く話せるようにさせたい」ってだけでKinderやInternational Schoolを選ぶのは、ちょっとリスクが高いんじゃないかなー?って思う。個人的にはね。

 

もっと、日本の学校やInternationalSchoolのメリットデメリットをそれぞれ検討して、どう育てたいか?育ってほしいか?にどちらのほうがマッチするのか、他方では実現できないのか?を考えてみてほしいなーって思います。小さいうちに始めれば始める程、かかる費用は大きいし・・・。

状況的に「こっちを選ばざるを得ない!」ってところからスタートしてしまった我が家としては。まぁうちの場合は結果、王子にとっては良かったなって思う事のほうが多いから「結果オーライ」なんだけど。

 

あ、すっごい余談なんだけど「留学したい」とか「Internationalに入れる」って言うと「もっと大きくなってからで十分」「早いうちにバイリンガル教育しても意味ない」「もっと日本を定着させてから」「子供が可哀想」って言われるけど、そこは考え方の違いなので私はあまり分かりあおうとはしません(こういう話があるよ、なら聞くけど「お前は間違っている!」と言いたそうな意見してくるだけの場合)。

「そうだよね」とか「ね~」って笑って流してその話を終わりにしちゃいます。

 

宗教や政治の話と同じで、各自それぞれ育ってきた環境や感じた事やなんかが違う以上、分かりあえない人と分かりあおうとする事自体が難しいと思うんだよね。

それはもう、分かりあおうとするんじゃなくて、「そういう考え方もあるよね」って尊重しあうのがベストじゃないかな、と。

 

でも言ってくる人って尊重しあいたくて言ってくるんじゃなくて、大抵はこっちの考え方が間違ってるって言いたい人だから、それはもうスル~~~っと聞き流したほうが荒波立たなくていいよね。

 

個人的には、浅い考えで失敗したって自業自得なのに、私にも私の子供にも大して興味ない人が何でそんなに口出してくるんだろうな?って思わなくもないけど。そういう黒~~~~い気持ちはそっと隠してますw

 

 

 

ポチのご協力お願いします♡↓

 


にほんブログ村