シングルマザー海を越え・・・る!?

シングルマザーになった理由から日々の生活、育児まで。2人の息子との海外生活を目標に!

元ダンナってこんな人(2)~自分大好きです!~

1)オレ今いる環境の中では頂点レベルだぜ、な人

まぁ、大体みんな自分好きだよね。私も自分好き。大事。でも元ダンナの自分大好きは何ていうか・・・

 

自分以外は大体下(レベル)

 

だと思ってるっていうか・・・。

何かを私に勧める時も

「オレが認める位だからね」

f:id:mamamamalife:20171023145033j:plain

っていう。お前が認めたから何だよ。

自分が使ってるものやいいと思うものに絶対の自信を持ってて、それを自分のステイタスだと思ってるっていうか。「こんないいものを持ってるオレ」的な。それだけじゃなくて、それを持ってない私を小馬鹿にするっていうオマケ付。

 

例えば、クレジットカードは元ダンナはブラックとかプラチナを持ってたのね。私は持ってなかったの。

「え、持ってないの?その年で?ププ。しょーがないなー、家族カードで持たせてあげるよ。」

いらねーよ もうね、「えー、ありがとー、うれしー」って言わされてる感。合コンかよ。

 

 2)オレ、オシャレに気を遣ってなくてもオシャレに見えちゃうぜ、な人

クラッチバッグが流行った頃の大学生が好きそうな、裏原的なスーパーロングカーデを買ってきて(多分、新しい彼女の趣味?)

「どう?オレ、何でも似合っちゃうからな~。新しいでしょ?こういうのも似合うんだよな~」

似合ってねーよ。

「あっ、うん・・・(38歳で一昔前の)裏原系だね!(カッチリ系が似合う顔なのに)完全カジュアルにしてみたんだ!(後ろから見れば)似合うんじゃないかな!(髪形が完全にスーツ仕様だけど)ニット帽とか合わせてみたら(大体隠れて)いいかもよ!」って、何とか絞り出した私に、最後に言い放ったのは

「ま、ヨメは太ったから何着ても似合わないよね」

絶対そのコートに似合うコーディネートのアドバイスしてやんないって誓った。

 

 3)オレ放っておいても誰にでも好かれちゃうぜ、な人

どこからその自信が来るのか分からないんだけど、

 

みんなオレを好き

 

だと思ってるんだよね。

私の家族も、私の友達も、ハジメマシテの人も、なぜか帰りに「ヨメよりオレの事信頼してるからな~」「オレのほうを家族として認めてる感じだよね」って。いや・・・違うよ?「ねー」で終わらせてたけど、まぁ・・・正直・・・「おめでたい人だな」って思ってたよね。

 

 4)ヨメはなんでもオレよりできないぜ、な人

毎日頑張って手作り料理を出しても文句言いまくって、挙句の果てには「週末だけでいいよ、下手な料理食べるより外で食べたほうがいいから」って言い出し、会う人会う人に

「ヨメは料理が下手だから」って言いふらして

(私の事を知らない会社の人にも言いまくって「同情されちゃったよ~」って自慢げに言うとか)「オレのほうがうまいんだよな~。ずっと家にいるんだから料理の勉強でもして、せめてオレ位になりなよ」って締めくくる。「たまにはボクが作ってあげるよ」って年1回位作ってくれるのは毎回同じ「キャベツと生ハムのパスタ」。

飽きたんだよ!!

いや、作ってくれるから文句言わないけど、食べてる間中「この位にパスタは茹でるんだよ」「この味付け絶妙でしょ?」「ヨメもこの位作れるようにならないと」って言われるから、作ってもらうの嫌いだったよね、正直。

 

 5)オレの写真撮りたいんだろ?な人

写真を撮る時必ず入ってくる。景色を撮りたくてもポージング。子供だけ撮りたくても真ん中でポージング(子供が若干隠れる)。でも私の写真は撮ってくれないから、ハネムーンの写真は、3割が景色や私が気に入ったモノ、私1人の写真は3枚で2人で撮った写真は2枚、

7割が元ダンナ。

何でだよ!!

どんだけ自分映りたいんだよ!私は景色が撮りたいのー!!ヴェネツィアのゴンドラとかさー・・・取りたかったんだよ・・・。2人の写真だってさ、あまりにも自分ばっか写るから3日目に私が「ハネムーンなのに2人の写真が全然ない!」って怒ってようやくだし・・・。

 

 6)オレのためにしか時間を使いたくない人

買い物に行くと、私が元ダンナに付き合わされる。「ちょっとアドバイスちょうだいよ」って、何件も回って、試着も何回もして「似合う」「かっこいい」って何度も言わされて、

スーツ1着買うのに3時間

とかかかる。更にその後

靴買うのに2時間

付き合わされたり。

いや、いいのよ(イヤだけど)。買い物って時間かかるもんね。でもね、

私の買い物は30分で不機嫌になる

のはどうなのよ。「まだ?」「疲れたんだけど」「早くしてくんない?」って催促しまくり、帰りの車の中で「仕事忙しくて疲れてるのに、ヨメのために運転して疲れて、更に買い物に付き合ってやってるオレ結構すごいよね」って言うのよね。

お前その前に何時間買い物してたよ。

って言葉を飲み込んで「疲れてるのにゴメンね。ありがと~」って言わなきゃいけない苦痛ったら。

私&子供の買い物をする度に言われるから、ホントはショッピングなんて一緒に行きたくなかったんだけど、買い物好きな元ダンナにいつもお出かけはショッピングモールやデパートに連れてかれてね・・・。

最終的に、自分と子供の買い物は平日の昼間、自分が行ける範囲で済ませておくって方法で解決する事にしたよ。

そういえば以前「こんなにいい天気だし、子供達を外に連れてってあげよう」って言って

池袋東武に連れてかれた

時はちょっとビックリしたわ(目的は元ダンナの買い物)。

 

 7)オレのために時間を使うの当然だろ?な人

子供が生まれても、夜中2時までグチるのが日常。

赤ちゃんが昼夜なく泣く授乳期。母乳が中々出ないわ吸わないわで、母乳とミルクの混合(ほぼミルク)だったせいもあって、寝る時間がほとんどなかった時期よ。15~30分の睡眠を1時間半おきに軽くとる時期よ。

朝9時に出勤して夜23時頃帰ってくる元ダンナ。忙しいよね。頑張ってくれてありがとう。でもね。

寝不足で目も開けられない状態で授乳してるヨメに向かって、

3時間グチるってどうよ。

たまにアドバイスを求められるから、右から左に流す事もできず、必死に聞いて自分の意見を言って(大体「あー、そういうの聞いてないから」って言われるけど)、最終的に

「ごめん、聞いてあげたいけどオレ仕事で疲れてるからさー、シャワー浴びて寝るわ。ヨメも早く寝たら?」

 

いや、

お前の話に付き合ってやってたんだよ!!

・・・とも言えず、とにかく解放された事を喜んで「あ、あぁ。うん。寝るわ。おやすみ」って倒れるっていうね。週2回はあった。割と頻繁。

そんで自分は「ちょっと頭痛い」「熱あるかも(平熱でも言う)」「いつも仕事頑張ってるからな」って、週1回は午前中休んで、たまに丸々1日休んで家にいる(邪魔)。あの頃は頻繁にイラッとしてたな~。

 

8)ホウレンソウは結果から、な人

 なんだろうね、「オレの大事な時間を使って聞いてやるからには、分かりやすく、端的に話せ」って感じだったのかな?とりあえず話す時は

 

「この話は、至急か?返答が必要か?報告か?連絡か?相談か?」を伝えて

 

「結論は何か?」を伝えてから

 

「なぜそういう結論なのか?選択肢は?」

「判断が必要ならいつまでに必要かの期限」

っていう具体的な話をする。

 

全部そう。相談したい事がある時とかだけじゃなくて、例えば育児中の王子の面白かった話する時でも

 

「そういえば今日、王子が面白い事してて~。あ、これはただの世間話だから聞いてほしいだけなんだけど。前転してお尻つくっていうのを繰り返してたんだよ~。」

 

とか言うわけ。それに対して「へ~」とか「カワイイね」って返って来るなら合格点。でも

 

「で?」

 

とか

 

「それをオレに聞かせてどうしたいの?」

 

って返ってきたら、話し方が悪かったかタイミングが悪かったかのどっちか。もっと運が悪いか話し方が悪すぎると

 

「オレ疲れてんのにムダな話聞かされてもどう返していいか分かんないよ。どうしてほしいか先に言ってって言ってんじゃん。結果から先に言うのがビジネスマンの基本でしょ」

 

いやビジネスマンじゃねーし。

 

って心の中で呟きつつ「そうだよね、話し方が悪かったね、ごめん。じゃあもう1回最初からちゃんと話す。あのね、これは報告です。王子が前転の練習をしたので、ちょっとマットレスがへたっちゃったみたい。でも買い替える程じゃないし、前転の練習も本格的にって感じじゃないから、まだ様子見でいいと思います」

 

って言うと「分かった」って終わるっていうね。ちなみに、更に運が悪いと「もう1回ちゃんと話す」って言った瞬間に

「いや、もういいよ聞かなくて。急ぎじゃないなら明日にして」

って言われる。

 

なんか、無駄話ができない環境だったな。

そういえば運転中は聞き流せる位の意味のない会話のほうが、運転に集中できていいかなって気を遣った事があるんだけど

 

「その話をしなきゃいけない意味って何?イライラするからやめてくれない?そんな話しかないならいっそ黙ってて」

 

って言われて、それ以降ドライブ中の8割は黙ってた。何でベンツのナンバーってみんな「8」使うんだろうねって会話で、そこまで言われると思わなかったし。

 

 

・・・。

 

・・・。

 

どうしよう。

 

元ダンナの悪口が止まらない。

 

いや、基本的に悪口って好きじゃない。言われたらイヤだし、言ってるほうも気分良くないもんね。それで何が解決するわけでもないし、そもそも1つの出来事を取り上げても、本質を見極めて改善を考えなきゃ、取り上げる意味もないから。

でも・・・なんだろう・・・元ダンナの悪口って・・・

 

気分良い。

 

どうしよう、私、めっちゃ性格悪くなったのかもしれない。人の悪口が気持ち良いとか思った事ないのに。不幸になれと思った事はあるけど←

 

という訳で、この辺で自粛します(結構出た後だけど)。次回は、悪口じゃない元ダンナの紹介ができるといいな~いや~できるかな~←

 

ちなみに、このテンションが下がると「私、一生を約束できる人間じゃなかったのかな」とか「一生を約束したいと思ってもらえないんだな」とか負に落ちるから、極力落とさないように

 

必死です。

 

 

 

ポチのご協力お願いします♡↓

 


にほんブログ村