読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー海を越え・・・る!?

シングルマザーになった理由から日々の生活、育児まで。2人の息子との海外生活を目標に!

えいごであそぼ with Orton

英語教育 日常

4月から「えいごであそぼ」がリニューアル!出演者も一新で、全く違う番組になったようです。

 

メイン出演者

・ジェイソン博士(厚切りジェイソンさん)

田中理恵さん(体操選手)

・子役(日本人3名?)

・鳥のキャラクター

 

主に「発音」をメインに紹介する番組になったそうです。初日の今日は

 

「f」

 

の音。発音の仕方、ほかの音との違いを聞き分けるクイズ等も含めてやってましたね。

 

で、せっかく子供をインターに通わせつつ親子留学も検討してるので「英語教育番組としてどうか?」という視点で見てみたんですが。

 

結果

 

ううううううう~~~~~ん・・・・

 

クイズあるし、何度も音を繰り返してくれるので

「小学3年生から英語が始まる事になったし、その前にちょっとやっておきたい」

みたいな子にはバッチリだと思います。

 

ただ、

・発音がいいのがジェイソンさん&短いコーナーに出てくる外国人の女性だけ(しかも半分は日本語)か、アニメーションだけ。子役&田中理恵さんの発音が完全なる日本人(カタカナ)英語。

 

田中理恵さんの体操は「音をイメージした体操」なだけで英語の歌が流れるわけじゃないので、ホントにストレッチとしてしか活用できない(英語に触れる事ができない)。

 

この2点が、我が家では大きなネックというか、マイナスポイントでした。

 

番組自体が楽しいかどうかって話なら、楽しいと思います。コーナーもキャラクターもしっかり作られてますし、子役が日本人=すべて日本語なので英語が分からない子供にも理解できます。クイズもあり、ストレッチもあり、歌もあり。

 

今までの「えいごであそぼ」の9~9.5割が英語だったのに対して、4月からの「えいごであそぼ with Orton」は8〜9割が日本語。

英語が分からない設定(?)の子役と一緒に、英語の発音を学んでいくっていう流れなのかな~?なので、英語を全く知らない5歳・・・うーん、4歳でもいいかな?それ以上の年齢を対象にした感じ。

 

もっと言うと「えいごを話せるようにさせたい」「えいごで何かができるようになりたい(歌とか音読とか)」よりも、「まずは英語に触れさせたい」「小学3年生になった時にちんぷんかんぷんな状態にはさせたくない」っていう方向けかな~?

番組の放映時間も、小学生が観られるようにって早い時間になったみたいだし。

 

ただ、我が家は「キレイな英語を聞かせる」もしくは「親と英語で楽しむ」のどちらかを重視してるので、今後録画してまで子供に見せるかというと、そこまではしないかな~。

 

多分、今後しばらくは以前の「えいごであそぼ」のDVDを買ったり、録画したものを見せる事になると思います。

 

新しい「えいごであそぼ with Orton」も徐々に変化してくと思うので、キレイな英語の割合が増えたら、また録画してでも見せようかな~。

 

というワケで我が家の「Eテレで英語勉強しよう」作戦で使う番組は「プレキソ英語」と「リトルチャロ」がメインになりそうです。